繁盛店!ヒット商品!プロデューサーの「食べるコラム」

食べるブログ 第6回

  • LINEで送る

皆さん こんにちは! ⑥回目の「食べるブログ」です。

久しぶりのブログです。反省しております(汗、、、)。

気合を入れなおして、週1くらいでは書いていきたいと思います。

あっという間に、秋の訪れ、あっという間に、師走商戦へと突入していきます。

今やらなければ、12月になって、あなたの店の周りの繁盛を横目に悲しい売上が待っています。

飲食店の皆様、まだ遅くないです。忙しいとは思いますが、師走商戦の準備を始めて下さい。

久しぶりのブログなのに、厳しい事ばかり言ってしまうと、ここから先読んでもらえませんね。

そろそろ本題に行きたいと思います。

本日は「平均点のスペシャリスト」です。

「普通なのにお客様混んでるなぁ」

先日ある喫茶店を訪れた際の感想です。

このお店は店舗数が伸びており、最近上場した事もあり、視察分析に行ってきました。

飲食店のプロから見て、味もサービスも全部普通なのに繁盛しています。

料理は10点だけど、接客2点とか、、、、全部で22点
内装は9点だけど、料理は3点とか、、、、全部で24点

そういう店が多いのですが、

このお店は、味、接客、内装、コストパフォーマンスの大まかな4項目、全部7点。

それで、、、、合計28点

同行者に聞かれました。

「このお店の繁盛の理由は一言で言うとなんですかね?」

私は答えました。

「平均点のスペシャリスト、、、、、」

珍しいお店でしたが勉強になりました。

「凡事徹底」特別な事ではなく当たり前の事を当たり前にやる。

客商売の基本中の基本を思い出させてくれました。

さあ、私も初心に戻りやっていきたいと思います。

目指せ繁盛店つくり!

さてさてそんなこんなで新商品開発の依頼、飲食店のプロデュース、海外進出相談も随時受け
付けております。下記、メールアドレスまでお連絡下さい。
shirahama.imagine@gmail.com
それでは、多謝・再見

著者プロフィール

白濱一久 (しらはまかずひさ)
1968年福岡生まれ。

福岡大学法学部卒業後、ラーメン花月での店長経験後、多数の飲食業態を立ち上げ、その後香港のシティースーパーにおいて日本食材や日本酒などのバイヤーを担当。

お客様に喜ばれる店作りをモットーに中小飲食店から従業員食堂や公営の美術館・博物館の飲食部門のコンサルを起業。アジアを中心とした出店への協力、メーカーとの新商品開発等幅広く活動し、2014年「ご飯にかけるギョーザ」プロデュース。初年100万個、現在まで累計150万個販売。栃木県の食の県おこし参加。

2017年2月京都にてフーディア株式会社立ち上げ。

現在大手メーカーの商品開発やテレビ通販、大手スーパーのオリジナル商品開発、飲食ビルプロジェクトを担当。